ヴィッセル神戸、アルビレックス新潟とドロー  

サッカーJ1リーグ第30節ヴィッセル神戸は、アウェーでアルビレックス新潟と対戦し、1-1に終わりました。

試合は、26分に新潟のマルシオリシャルデスに決められ、失点。
前半を0-1で終了。

後半に入り、34分にGKが弾いたボールを朴康造が決め、同点。
1-1で試合終了。

最低限必要な勝点を持ち帰ることに成功です。

ヴィッセル神戸の次戦は、20日(土)にホームズで鹿島アントラーズと対戦します。