2010広州アジア大会:U-21サッカー日本代表、UAEに勝利!初の金メダルを獲得!! 

第16回アジア競技大会2010広州の男子サッカー:決勝で、U-21代表(21歳以下)で参加している日本代表が、UAE代表に1-0で勝利し、初の金メダルを獲得しました。

試合は、前半はUAEに押し気味に進められるも、徐々にリズムを取り戻し、0-0のまま前半終了。

後半に入り、3分にUAEが決定的なシュートを放つも、GK安藤駿介がなんとかキャッチ。
苦しい時間をしのいだ29分にショートCKから水沼宏太がクロスを入れ、實藤友紀が右足で豪快に決め、日本が先制。
最後は3人の選手交代で有効に時間を使い、1-0で試合終了。

決勝戦も厳しい試合でしたが、なでしこジャパンに続いてU-21サッカー日本代表が、アジア大会初の金メダルを獲得です。最後まで大ブーイングの中、見事な勝利でした。

今回活躍した選手が召集される可能性もあるサッカー日本代表(A代表)の次戦は、AFCアジアカップ2011のグループリーグBで、2011年1月9日にヨルダン代表と対戦です。
ちなみに、ガンバ大阪が3連覇を目指している天皇杯決勝は、例年どおり2011年1月1日です。