サッカー日本代表、カタールに逆転勝利で準決勝進出! 

サッカー日本代表が、AFCアジアカップ2011カタール準々決勝で、カタール代表と対戦し、3-2で勝利しました。

先発は、GK:川島永嗣、DF:伊野波雅彦、今野泰幸、長友佑都、吉田麻也、MF:遠藤保仁、香川真司、長谷部誠、本田圭佑、FW:岡崎慎司、前田遼一。

試合は、
前半12分に、カタールのセバスチャンに決められ、失点。
28分に本田のパスを受けた岡崎がボールを浮かしゴールへ、最後は香川が頭で押し込み、同点。
前半を1-1で終了。

後半に入り、16分に吉田が2枚目の警告で退場。
退場後18分のFKで、ファビオセサルに直接決められ、1-2。
一人少なくなるも25分に、本田のパスから最後は香川が冷静に決め、同点。
44分には、長谷部のパスから香川がGKと1対1。GKをかわしたところでDFにつぶされるも、詰めてきた伊野波が押しゴンで、逆転。
3-2で日本が勝利。

すべてがアウェーの厳しい試合でしたが、若いチームにとって貴重な経験を得ただけでなく、勝利という最高の結果で準決勝進出を決めました。

サッカー日本代表の次戦は、準決勝で25日(火)にイラン-韓国の勝者と対戦します。